メニュー

男性不妊症に対する治療費助成を受けられますか?

男性不妊治療費助成は、当院での精密検査の結果によって、『精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術』を行った場合に、初めて申請可能となります。(検査費用は対象とはなりません。

詳しくはこちら

  • 特定不妊治療の過程で精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を行った場合は、1回の治療につき15万円まで※3
  • 初回の治療※2に限り、1回の治療につき30万円まで。

※保険適用外の手術費用、凍結費用が助成の対象となります。(検査費用は対象とはなりません。

※「精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術」とは、精巣内精子回収法(TESE(C-TESE、M-TESE))、精巣上体精子吸引法(MESA)、精巣内精子吸引法(TESA)、経皮的精巣上体精子吸引法(PESA)を想定しています。

※2 過去に助成を受けなかった治療がある場合においても、「特定不妊治療費助成事業」について初めて申請する場合は、「初回の治療」として申請することができます。

 なお、「初回の治療」の助成申請をした後に、「初回の治療」以前の治療終了日治療の助成申請をすることはできません。

※3 原則は、特定不妊治療の過程で行う、保険適用外の手術費用・凍結費用が助成の対象となりますので、男性不妊治療費の申請は特定不妊治療費助成申請と同時に行っていただきます。

 ただし、主治医の治療方針により採卵前に男性不妊治療を行ったが、精子が得られない、又は状態の良い精子が得られない等により治療を終了した場合に限り、男性不妊治療のみで申請することができます。この場合も通算助成回数としてカウントされます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME